ワキガに関する情報が満載!

運動して汗をかいたあと、わきがのにおいはしませんか

気温が高い日も多くなり汗をかきやすい季節となりました。
運動した後には、大汗をかくのでこまめな水分補給が大切です。
汗をかいた後、わきの下がにおうことはりませんか。
誰もが多少なりとも匂いはあるのですが、きわめてきついにおいを発する人がいることも確かです。
それは、わきがといい、独特な匂いがあるのですが、わきがを自分で気づいていない人も多いようです。
他人のわきがに気付いたとしても、どのように注意をしたらいいのか悩むことも多々あり、何も言えないことのほうが多いのではないでしょうか。
においを出さないための手段はいろいろとあるのですが、こまめにシャワーを浴びたり、市販の制汗剤を使ったりするといいでしょう。
皮膚科へ相談するのもおすすめです。
自費となる場合が多いのですが、効果の高い塗り薬をだしてもらうことができます。
クリームタイプや、スプレータイプ、直塗りタイプなど様々な種類がありますが、自分に合ったものをえらぶようにしましょう。

わきがなのに運動後の汗のにおいが気にならないのはなぜ?

わきがは普通の汗のにおいとは違い、ゴボウや納豆のにおいに似たような、強烈なにおいを発するのが特徴の症状です。
汗がもとになっていますので、汗をよく掻く運動後に症状が悪化するようなイメージがありますが、必ずしも身体を動かした後の汗が、影響を及ぼすとは限りません。
というのも、わきがの独特なにおいを発する汗腺は、普通の汗腺とはまた別のところに存在するからです。
症状を持っている人でも、普通の汗腺から分泌される汗なら、一般的な汗のにおいと同じです。
身体を動かしても、さほどにおいが感じられなければ、普通の汗腺から、大量の汗が分泌されている状態といえます。
独特のにおいを発する汗腺は、緊張時に汗を分泌させることが多いという傾向にあります。
よって、人前で緊張して汗を掻いた時の方が、症状が出やすいため、運動をする予定がない場合でも、わきがの症状を持つ人は対策用のクリームなどを用いて、においを和らげる工夫をしておくと、緊張を抑えることにも繋がります。


△上に