ワキガに関する情報が満載!

わきがと食事の関係について

薄着の季節になると気になるのが自分の体臭ではないでしょうか。
体臭の中でもわきがは、アポクリン腺が原因で臭いが発生しているとされています。
わきがには根本的な切開手術治療の他に、食事内容に気を付ける事により腋の臭いを抑える事が可能です。
脂肪分の多い食べ物や肉等のタンパク質の多い食材を摂取する事により、臭いのきつい皮脂が分泌されてきつい臭いを感じる様になってきます。
肉類や脂質を良く摂取する生活を続ける事により、段々と血液が酸性に近づき体臭も作りやすい状態となってしまう為に、アルカリ性食品である梅干しや海藻類やこんにゃくなどを積極的に食事に取り入れる事によって、酸性に傾いた体内をアルカリ性で中和する事が可能です。
アルカリ性の食品ばかりを摂取すれば良い訳ではなく、バランス良く食事を摂取する事が大切とされていますし、梅干しはアルカリ性食品の代表ですが、塩分も高いのであまり食べ過ぎると血圧が上がるので注意が必要です。

食事にとり入れることでわきがを改善できる食材

わきがは、軽度のものなら、食事で改善できることをご存知でしょうか。
バランスの取れた食事に、体臭を抑える食材をプラスすることによって、ニオイを軽減させられます。
最も効果の高い食材は、抗菌効果に優れた梅干しで、血液もアルカリ性に保ってくれるので、健康にも良い食品です。
次に高い効果があるのは、ミネラルが豊富なメカブです。
デトックス効果も高く、血中の中性脂肪を調整する働きもあります。
そして、最も食事に取り入れやすく、消臭効果が高いのが緑茶です。
消臭に効果のあるビタミンEやビタミンCが豊富なほか、カテキンも摂取できます。
これらは、わきがを改善する食材ですが、反対に、悪化させる食材もあります。
気を付けなければいけないのは、バターなどの動物性の油脂で、洋菓子にたくさん含まれています。
植物性の油脂でも、リノール酸が豊富なものはにおいの原因となるので、マヨネーズ、マーガリン、スナック菓子などは食べ過ぎないようにしましょう。


△上に